生物多様性の進化と維持のしくみを探る

生物多様性はどのように生まれ、維持されてきたのでしょうか?人間活動の影響が増すなかで、生物多様性はこれからどのように進化していくのでしょうか?生態学と進化生物学を融合させた理論研究を通じて、この疑問に迫ります。数理モデルやコンピュータシミュレーションを用いて、生物多様性を生む種分化のしくみや、複雑な生物群集のダイナミクスを解き明かす理論を構築しています。将来の生物多様性や進化プロセスの保全に役立つ理論を生み出していくことをめざしています。


The future of biodiversity?

I am generally interested in the mechanisms by which biodiversity evolves and maintains itself. Especially, I would like to know how biodiversity evolves in future under increasing impacts of human activities. To address these questions, I use mathematical models and computer simulations and integrate ecology and evolutionary biology. My favourite research topics are speciation mechanisms and ecological community dynamics. I aim at theories that can be useful for the conservation of biodiversity and evolutionary processes.


NEWS

  • 生態的種分化や適応放散が雑種形成によって起こりやすくなる条件を明らかにした研究がUTokyo Researchで紹介されました。(2018/04/05)